浮気調査におすすめの探偵事務所を比較ランキングして紹介!首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)

後悔したくない!探偵を装った浮気調査詐欺の手口とは?

配偶者が浮気をしていると感じても確たる証拠をつかむことは簡単ではありません。

そこで調査のプロに浮気調査を依頼する人も多いですが、この時に気をつけなくてはいけないのは、探偵を名乗る悪徳業者が混じっているということです。

それゆえ、調査を依頼する際も信頼できる相手であるかは良く見極めておく必要があります。

 

 

 

浮気の証拠をつかむならプロへの依頼も考える

結婚生活がうまくいかなくなる原因のひとつに配偶者の浮気があげられます。

配偶者が他の異性に夢中になり家庭を顧みなくなると仲良く生活を続けていくのは難しくなります。

とはいえ、勘違いである可能性もありますし、もしも本当に浮気であればもしもの際に有利に立てるよう、証拠を集めておく必要もあります。

自分で行える調査方法としては、携帯電話のチェック、レシートやクレジットカードの履歴のチェックなどがあげられますが、それだけでは浮気の証拠としては弱いものもあります。

浮気相手とホテルへ出入りする写真などは証拠として取り上げられやすいですが、素人で相手に気付かれずに撮影することは簡単ではありませんし、証拠をつかむためには根気良く張り込みや尾行を続ける必要も出てきます。

しっかりと調査をしたい、浮気相手のことも調べたいという場合はやはり調査のプロである探偵や興信所への依頼も考えていきたいところです。

浮気調査に対応している業者は全国にも多く存在しますが、ここで気をつけたいのは中には詐欺業者が混じっている可能性があるということです。

もしもそのような業者に依頼してしまうと、十分な調査結果が得られないばかりではなく、多額の費用を請求されるおそれもあります。

それゆえ、依頼する際も業者は適当に選んでしまわず、慎重に選ぶことが大事です。

どのような手口で詐欺が行われるのか

信頼性の高い業者に依頼すれば、安心して調査を任せることができますし、裁判でも取り上げられるような証拠を取ってもらうことも期待できます。

逆に詐欺業者に依頼してしまった場合はどのようなトラブルが起きるのかも知っておきたいところです。

まず、考えられる例としては、多くの費用を支払って調査を依頼したに関わらず、実際にはこれといった調査が行われていないということがあげられます。

この他では依頼人から着手金など多くの費用を受け取りながらも、ターゲットに口止め料を要求するという可能性もあります。

そして依頼者には嘘の報告を行い、依頼者とターゲット両方からお金を取るという悪質な例もあるので注意が必要です。

この他ではわざと調査を長引かせ、追加料金を請求される可能性もないとは言えません。

以前詐欺に遭ったことのある人や素直すぎる人は騙されやすい傾向にありますので、注意が必要です。

安心して依頼するためには、やはり信頼と実績のある優良な業者を選ぶことが大事です。

選び方としては、きちんと探偵業の届け出をしている業者であるかは良く確認しておきましょう。

事務所の住所が公開されていなかったり、過去に行政指導を受けたことのある業者は避けたほうが無難です。

もしも被害に遭ってしまった場合

浮気調査を依頼する際は、まずは相談から始めることとなりますが、この時も事務所ではなく、喫茶店など別の場所で面談しようとする場合は注意が必要です。

そして契約書を作成していない場合や契約を急ごうとする業者は避けておきたいところです。

契約書があればそれで安心というわけではありませんので、実際に依頼する際も契約書は細かな部分まできちんと確認することが大事です。

信頼ある業者を選んだ場合はトラブルがなく、良い調査結果を得られる可能性が高いですが、もしも騙されてしまった場合は対応も知っておきたいところです。

まず、騙されたと気づいたら早く警察に被害届を出しましょう

すでにお金を払ってしまったという場合も金融機関に連絡をすると口座凍結などの対応を行ってもらうことができますし、支払ったお金も取り戻せる可能性があります。

泣き寝入りしてしまうとさらに被害は広まる可能性がありますので、早急に対策することが大事です。

配偶者の浮気が真実であるかどうかを知りたい、事実であれば証拠を確保したいとプロによる調査を依頼する人も多くなっています。

有料な業者を選ぶと良い調査結果も期待できますが、中には悪質な業者が混じっている可能性もあります。

依頼する際は慎重に信頼できる業者であるかどうかを見極めていきましょう。