浮気調査におすすめの探偵事務所を比較ランキングして紹介!首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)

浮気と不倫の違いとは

浮気と不倫の違いとは

 

浮気不倫は似ているようでいて違います。
例えば、浮気は未婚者がするもの不倫は既婚者がするものといった違いもあります。
ここではこうした浮気と不倫の違いについて整理しておきましょう。

 

浮気と不倫の違いについて

浮気も不倫もどちらも不貞行為に関する用語です。
とはいえ、用いられ方は変わってきます。

用語として、浮気未婚者の不貞行為について用いられることが多いです。
一方、不倫既婚者がする不貞行為のことを指します。

このような用語としての違いはあるものの、浮気と不倫は時には同じような使われ方もします。
浮気は良いことであっても不倫は悪いことであると考える人もいます。
浮気は気軽な不貞行為と捉える人がいるほどです。
人によって浮気という用語を不倫よりも好むということも。
このように両者の違いはかなり曖昧なこともあるのです。
大事なことは浮気と不倫はどちらも悪いことを理解しておくことでしょう。

 

○家庭や子供に影響も
浮気や不倫を扱ったようなドラマなどもありますが、浮気や不倫は決してロマンチックなものではありません。

浮気や不倫をしたために大切な相手を失ってしまい、結婚生活が破綻してしまうこともあります。
浮気や不倫によって離婚になるようなこともあれば、子供がいる際には子供にも多大な迷惑をかけることにもなりかねません。

もし配偶者が浮気や不倫をしている場合には、その真実を突き止めることも必要です。
浮気や不倫を放置しておくとろくな事になりかねません。
浮気や不倫をほうっておくと配偶者との関係に不和がうまれますし、家族仲も悪くなってきます。

子供も親の行動はしっかり見ているもので、親が浮気や不倫をしていると子供も非行に走ることも増えてきます。
だからこそ、浮気や不倫の徴候がある際には浮気・不倫調査事務所などに相談しておくと良いでしょう。

 

浮気・不倫調査は自分でもできるのか

○調査は可能、メリット
浮気や不倫は業者に相談する他に自分で調査することも一応は可能です。
◆例えば、配偶者の携帯電話を調べる、車にGPSを仕掛けておいて配偶者の行動について監視するのも良いでしょう。

◆他に、配偶者にいろいろと質問をして浮気や不倫の疑いがないかチェックしておくのもおすすめです。
このように自分で浮気や不倫調査すれば誰にも知られずにプライベートな問題を解決できます。

浮気や不倫を人に相談するのは恥ずかしいこともありますが、自分で対処すれば余計なことを人に知られることもありません。

◆他にお金もかかりませんからより気軽に浮気や不倫調査していけるのです。

 

○限界はある
とはいえ、自分でする浮気や不倫調査は限界もあります。
◆例えば、自分で浮気や不倫調査をするにしても四六時中配偶者の行動を監視するのはほぼ不可能です。
こうした芸当はやはりプロでないとできません。
尾行なども素人が行うのは難しいこともポイントでしょう。
尾行した結果、配偶者に調査していることを疑われると配偶者も警戒して浮気や不倫相手と合わなくなってしまうかもしれません。
こうなると業者に後で依頼しても全く効果がなくなってしまうこともあるので気をつけておきましょう。

 

○まとめ
このように自分でやる浮気や不倫調査はメリット・デメリットがあるものです。
おすすめなのは業者の使いどきを知ることです。
例えば、軽い浮気や不倫程度であれば携帯電話を調べただけで事実が発覚することもあります。
こうした際には自分でできる調査をしてダメなようならば業者に任せると良いでしょう。

この際には絶対にバレないように用心深くやらないといけません。
もしも浮気や不倫をしている可能性が高いならば、プロを雇って正式に調査してもらうこともありです。
浮気や不倫もケースバイケースで対応も変わってきます。