浮気調査におすすめの探偵事務所を比較ランキングして紹介!首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)

浮気調査を探偵に依頼して離婚を有利に進めよう

 

 

話し合いですんなり決まればいいですが、慰謝料などの話が入るとなかなか簡単には終わらないでしょう。

裁判になったときには、一定の証拠を元に決定がされます。

裁判のために必要な証拠がないと、うまく進められないかもしれません。

裁判になっても勝てるような決定的な証拠を得る

結婚は互いの意思で行いますが、離婚も同様になります。一方がしたいと考えていても、もう一方がしたくないといえばできません。まずは二人で話し合いますが、話し合いがうまくいかなければ調停を利用します。さらに調停がうまくいかなければ裁判になり、裁判で決まればその通りにしなければいけません。

裁判で自分の主張が通れば勝つことができ、慰謝料なども取れるかもしれません。その時に必要になるのが決定的な証拠になります。普通の婚姻関係をしている者同士だといくら裁判と言っても簡単に別れられるわけではありません。裁判所が認める理由があり、それに該当すれば別れられます。

不貞行為をしているかどうかは大きな問題になり、それが想像できる写真や動画があれば有利な判決をしてもらえるでしょう。探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、不貞行為が分かるための写真などを撮影してもらえます。単にホテルに入るときの写真があればいいわけではなく、角度であったり時間、回数なども重要です。1回よりも数回分の写真がある方が有利になります。

夫が積極的に行おうとしていたことが分かる証拠

夫が浮気をしたとき、その後に求める解決方法がいくつかあります。まず夫に責任を追及する方法になるでしょうが、それ以外に浮気相手の方に責任を追及するときもあります。自分たちはよりを戻し、浮気相手と別れさせて浮気相手から慰謝料を取る方法です。この時は浮気相手が積極的に夫を誘っている証拠が必要になるかもしれません。

一方夫との離婚を考えている時には夫が積極的に浮気の行動に出ている証拠が必要になります。そして別れる時に夫から慰謝料を得ることになります。不貞行為の写真だと単にホテルに出入りするときの写真などになりますが、それ以外に誘っているときの写真などがあると夫が積極的であることがわかります。またメールであったり、SNSなどの文面からどちらの方が誘うことが多いかなどの証拠が得られるかもしれません。メールやSNSの情報などは、夫のスマートフォンであったりパソコンから情報を取る必要があります。部分的なやり取りだけでなく、継続性が分かるような部分を取らなければ証拠にならないときもあります。

妻が浮気をしたときに夫が親権を取りたいとき

小さい子供がいる夫婦が離婚をしたとき、必ず行わないといけないのが親権者の決定です。別れたとしてもどちらもその子の親であることは変わりありません。しかし別れたまま二人で育てることはできないので、主に子供の養育をするのはどちらかを決めます。親権者となれば子供と一緒に生活ができますが、なれなければ子ともに合う機会が制限される可能性があります。

妻が浮気をして別れようとしても、一般的な裁判では妻側に親権者の権利が行く可能性があります。探偵事務所に浮気調査をするとき、親権者が得られるための証拠を得るようにしてもらうと良いでしょう。親権者を決めるポイントとして、これまでの監護状況であったり子供に対する愛情があります。浮気相手との不貞回数が多かったり、家事や育児の放棄と見られる証拠などがあれば夫側に親権者の権利が入る可能性が高くなります。事前に親権者を取りたい旨を伝えておけば、そのための証拠なども取ってもらえる可能性があります。通常の浮気を証明する証拠とは少し異なります。

浮気をしていることが分かる不貞行為の写真があれば、かなり有利に進められるでしょう。慰謝料をより多く取りたいなら、夫が積極的であることが分かる証拠が必要です。妻から親権者の権利を得たいなら、その他の証拠もいります。