浮気調査におすすめの探偵事務所を比較ランキングして紹介!首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)

浮気調査を探偵に依頼できる期間はどれくらい?

浮気調査を探偵事務所に依頼するとき、どれくらい結果が出るまで時間がかかるのか気になるかもしれません。

業者によっては期間が料金決定に大きく影響することがあるので、延長などができるのかどうかも知っておくと良いでしょう。

 

1週間から1か月くらいを目安に依頼

浮気はあまり堂々と行うものではないでしょう。

夫婦の間であれば、配偶者にわからないように行うことになります。

会社の帰りに仕事があると嘘をついて浮気相手と会っていたりするかもしれません。

休みの日などに仕事だと嘘をついて浮気相手と旅行に行っている可能性もあります。

ばれないようにするからこそ浮気と言えるのでしょう。

しかし浮気をしている可能性がある配偶者をそのままにしておくわけにはいけません。

将来どうするかは別として、浮気をしている事実を把握して何らかの行動に出る必要があるでしょう。

浮気調査を探偵に依頼するときにおいて平均としてどれくらいの期間をかけているかですが、大体1週間から1か月ぐらいが多いようです。

初めて調査を依頼してから報告書ができるまでにそれくらいかかると考えておくと良いでしょう。

1週間で見つかるときは比較的簡単な調査で済むときです。

毎日のように浮気をしている人ならすぐに証拠の写真が撮れます。

1か月ぐらいかかるのは下調べなどの調査をしながら行うために必要になります。

浮気相手と会う回数でもう少し必要なときもあるでしょう。

 

とことん調べてほしければ延長は可能

浮気を理由とする離婚をするとき、成立すれば財産分与の他に慰謝料の請求ができます。

配偶者に対してできるときもありますし、浮気相手に対してできるときもあります。

金額は何千万円も請求できませんが、状況によっては数百万円ぐらいは請求できるときもあります。

お金の問題ではないかもしれませんが、生活のためにできるだけ取っておいた方が良いかもしれません。

離婚を有利に進めるには裁判において明確な証拠をつかむ必要があり、そのために浮気調査を探偵に依頼するときがあります。

このときにどれくらいの期間調査をしてもらえるかですが、業者によっては10日でいくら、1か月でいくらなどの料金を決めているときがあります。

すると最初に決めた日数では十分な証拠が得られないときがあります。

何とか1回ホテルの出入りをしている写真が撮れたとしても、裁判になると複数日分の写真があった方が確実になるでしょう。

そのときは後10日追加などその業者の提供する単位で延長してもらうことができます。

あくまでも依頼者がお願いしたときに延長するのであり、業者が勝手に延長したりはしません。

 

成功報酬タイプなら証拠が見つかるまで可能

配偶者の浮気の現場の証拠をとってもらうために探偵に依頼をするときがあります。

それぞれの業者で料金体系が異なり、固定料金変動料金制がいろいろ組み合わさって総額の支払額が決まります。

変動料金制の中には変動する要因によって料金が変わります。

活動時間で変わるときもあれば、成功報酬によって変わるときもあります。

活動期間で決まるところで浮気調査を依頼できる期間はまずは最初に依頼した日数で、後から追加などもできます。

では成功報酬タイプはどうなるかですが、特に何日でいくらなどとの決まりはありません。

求める証拠があるとしたら、それが取れるまでいつまでも同じ料金で行ってもらえます。

1週間で見つかればそれだけですし、1か月や2か月かかるならそれだけ調査をしてもらえます。

この間に報告などもしてもらえるので、さらに調査を続けるのか、依頼を辞めるのかを決められます。

1か月経過後に何も情報が得られないのであればそれで調査を中止してもらってもいいでしょう。

証拠がないので成功報酬の支払もゼロになります。

1年以上調査を続けてもらうときもあるでしょうが、料金は同じです。

 

浮気調査を探偵にしてもらうときの平均的な期間は1週間から1カ月程度です。

期間ごとに料金が決められているのであれば、証拠をとってもらうために延長も可能です。

料金の全てが成功報酬のところは証拠が見つかるまで調査してもらえるときもあります。

サイト内検索
浮気調査、探偵関連コラム