浮気調査におすすめの探偵事務所を比較ランキングして紹介!首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)

浮気調査で探偵が動いてくれる期間ってある?

 

 

浮気をする人によっても異なるでしょうが、毎日浮気をする人は少なく、せいぜい週に数字程度でしょう。

普通は1か月に数回程度です。

その証拠をつかむにあたって何日必要になるかです。

トータルでは数週間から数か月ぐらいになるでしょう。

有無を知りたいときはすぐに分かるときもある

家庭に事情があり夫婦が別居などをしているとき、互いにどんな生活をしているのかわからないときもあるでしょう。一方普通に家族として生活しているなら毎日ともに自宅に帰ります。仮に浮気をしているとしてもさすがに毎日するのは難しいでしょうから、多くて週に数回、普通は月に数回程度になるかもしれません。もちろん人によって頻度が変わります。

探偵事務所に浮気調査を依頼するとき、どれくらいの期間がかかるかの問題があります。長くなれば長くなるほど料金も高くなるため、できれば早く解決した方が安く済ませることができます。単に有無を知りたいぐらいであれば、浮気の現場が一回取れればそれでわかります。1週間に数回会うような人なら数日でわかるでしょうし、1か月に数回の人でも数週間あればわかります。数日で判明すればかなり安く済ませられるかもしれません。最初に目的を伝えると、その目的が達成できるように時間調整などをしてくれます。一回でも分かればいい時は毎日のように張り込みをして、早めに証拠が分かるようにしてくれます。

離婚や慰謝料が必要なら数回分の証拠が必要

裁判で離婚を認めてもらうとき、不貞行為が分かれば一応は可能性はあります。もちろん一回でも不貞行為二は変わりませんが、一度の過ちはそれなりにあるでしょう。公正な法律処分の上では離婚まで進められない時もあります。ましてや慰謝料をたくさんもらいたいとき、夫側に浮気に対するかなりの意思が認められないと行けません。定期的に浮気を繰り返している証拠が必要になります。

探偵事務所に浮気調査をしてもらうときの期間ですが、離婚や慰謝料アップを目指すのであれば1か月から数か月ぐらいかかるときもあります。同じ日にホテルに入る写真が何枚あっても意味はなく、別々の日に入ったことが証明できないといけません。互いの服が異なっていたり、持ち物が異なっているなどであれば、日付以外にも重要な証拠として認められます。不貞行為の現場をすべて撮影できるとは限らないので、1か月に数回会う人たちから得るにはどうしても必要になります。それを想定して事前に依頼をしなければいけません。証拠写真が多くなれば、その分料金も必要になります。

情報が足りなければ延長してもらうことも可能

浮気調査をしてもらうため、探偵に依頼をするかもしれません。依頼をするにあたっては見積書などが提示されます。どれにどれくらいの料金がかかり、それ以上かかるとき、かからないときなども示されています。期間が長くなるとその分さらに料金がかかる可能性があるので、できれば短い間で見つかってほしいと考えるでしょう。この時の注意として、1か月動くとの取り決めがあっても、1か月中その人のために動いているわけではありません。1か月の中の数日実際に尾行をしたり張り込みをしています。数日しか動いてくれなくて大丈夫かと考えますが、プロの目から見て確実性の高い日にちを選んで尾行などをしてくれます。

気になるのは当初予定していた時点で証拠が集まりきらない時でしょう。1か月動いてもらう予定だったが、欲しい情報の半分ぐらいしか得られないことがあります。この時は延長をしてもらえます。延長となるとその分延長料金が必要になるので、その金額を確認して依頼しなければいけません。延長料金も事前に聞いておくようにしましょう

早く解決してもらった方がその分経費は安くなります。実際に動く日数は数日でも、総日数としては数週間から数か月ぐらいで調査をしてくれます。決められた間で得られないときは、延長をして新たに情報が得られるよう努力をしてもらいます。