浮気調査におすすめの探偵事務所を比較ランキングして紹介!首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)

探偵の浮気調査の様々なやり方


浮気をしているか調べたいとき、ネットを見るといろいろな業者が調査をしてくれるとの情報があります。
気になるのはどんな方法で行ってくれるかでしょう。ばれないように証拠を得てくれるのか気になるかもしれません。

 

尾行によって行動スタイルなどを調査する

遊びで知人などを尾行したりするかもしれません。相手も自分を知っているのでこれが結構難しいです。近づけば気づかれますし、離れれば見失う可能性があります。これが浮気の証拠をつかむため、夫に対して行うとなると、よほどうまく行わないとばれたり見失いやすくなります。

もし浮気調査をプロの探偵に依頼したらどうやって調査をするかです。やり方で多いのが尾行になります。まず尾行をしてその人の行動スタイルのチェックをします。平日や休日にどんな行動をするかを調べ、それを元に将来的に張り込むための情報を得ます。時には尾行の途中で有力な情報が得られるときもあるので、その時のために写真や動画を撮影するための道具も持っています。

プロでかつ相手には顔を知られていないので、よほどのことがない限りはばれません。ばれなければ見失うこともないでしょう。備考に関しては徒歩だけでなく自動車やバイクなども使われます。尾行相手によっては徒歩移動よりもでの移動が多い人もいます。車の尾行に慣れた担当者が行います。

 

特定の場所で長時間張り込みを行う

浮気の証拠として最も大きいのが不貞行為の現場の写真や動画です。最近は写真よりも動画が一般的で、中に入る様子と外に出る様子をとらえた動画が大きな証拠になります。

探偵に浮気調査をしたときにはどんなやり方でこれらの証拠を得ようとするかですが、特定の場所での長時間の張り込みになります。単にホテルに入って話をするだけであれば数十分ぐらいで終わります。しかし不貞行為となると数時間から長ければ半日ぐらい部屋の中にいる時もあります。その間ずっと外で待って張り込みを行います。

一人の担当者が張り込みをすることもあれば、あまり長い時間であれば交代をしながら張り込みをするときもあります。張り込みがばれるとばらばらに出てこられることもあるので、ばれないように慎重に行います。調査対策をしているホテルなどもあるので、一か所で張り込むのではなく数か所に分かれて行うこともあります。

表に複数の出入り口があるところもあれば、地下などにあって車などで出てくるときもあります。その時にも出入りの様子が撮影できるようにしています。

 

聞き込みから怪しい情報を得て行う

依頼者から夫が浮気をしているから調査をしてほしいと言われるときがあります。結構多いのは依頼主の勘違いです。結果としてはいいのでしょうが、調査を受ける側としては結果が得られません。結果が得られないことに対して労力や時間をかけるのは無駄になります。

探偵事務所が浮気調査の依頼を受けた時のやり方として、聞き込み調査があります。聞き込みで得られる調査のみで決定的な証拠が得られることはありません。ただし、これからの調査に必要で大事な情報が得られる可能性があります。ホテルの近くの飲食店などで、調査対象者と浮気相手が良く出入りをしているかどうかとか、社内での浮気なら社員などから噂などの情報を聞き込みで得ます。

ただ聞き込みをしているのが調査対象者にばれるのは良くありません。そのためにばれないように聞き込みをする必要があります。直接的に聞くのではなく遠回しに聞くなどのテクニックを持っているので、貴重な情報を得ていきます。それらの情報を元に、尾行を行ったり張り込みをしたりします。

 

大きく分けると3つの方法があるとされます。まずは聞き込みがあり、初期に行う方法です。それ以外に尾行や張り込みを行いますが、聞き込み情報によって尾行などの計画が立てられます。張り込みは最終段階で行う方法です。