浮気調査におすすめの探偵事務所を比較ランキングして紹介!首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)

浮気の証拠となるものって?

浮気を理由にする離婚において、裁判になるときにはそれが明確にわかる資料が必要になります。

探偵に依頼をするときに何を撮ってきてくれるかによって裁判を有利に進められるかどうかが決まるので、確認する必要があるでしょう。

 

所定の目的のホテルへの出入りの写真や動画

ホテルといえば通常は宿泊目的に利用したり、会議や食事などを目的にするところが多いでしょう。

一方で休憩を目的にしているホテルがあり、カップルなどが一定の行為をするために利用するのが通例として知られています。

男女がそのホテルに入って一定時間後に出てきたとすれば、二人で何をしていたかある程度の想像ができます。

探偵に浮気調査をしてもらうときの証拠として、所定の目的のホテルへの出入りの写真や動画があります。

注意したいのは1回だけではなかなか裁判で認められるのは難しい点でしょう。

たまたま入っただけと言われる可能性があるからです。

2回から3回分の写真があると、過去継続的に利用していたとして十分証明することができます。

1回分だけの写真ではなく2回から3回以上の写真を撮るのを最初から行ってくれるかどうか確認した方がいいでしょう。

 

相手の家に出入りしている写真や動画

家庭のある人でも友達の家に行ったりすることはあるでしょう。

ではその友達の家にどれくらいの頻度で行くかです。

互いに結婚をしていない人同士なら何回も行ったとしてもそれほど問題ではないでしょうが、家庭を持っている人が異性の一人暮らしの自宅に何度も行くのは非常に怪しくなります。

何らかの関係があると勘繰られてもおかしくないでしょう。

探偵に浮気調査をしてもらうときの証拠として成立するものとして、相手の自宅に入るときの写真や動画があります。

1回だけの写真などだと裁判ではなかなか有利に進められません。

1回だけ行く人は結構いるからです。

浮気をしていると認定するには一定期間継続的に浮気の状態が続いていないといけません。

2回から3回以上入っていき、その後に一定時間過ごしているとなると不貞をしている可能性が高くなるとみられます。

それ以外にホテルに二人で入っていく様子などがあるなら、合わせ技で継続的に会っていると認定されるときもあります。

 

裁判所に浮気を認めさせる報告書

たとえば夫側が浮気をしているので離婚をしたいと考えるとき、いきなり法律事務所を訪ねてもなかなか話が進められないときがあります。

夫側が素直に認めて話し合いに応じてくれるなら協議離婚ができますが、それができなければ法的な手続きをとる必要があります。

最終的には裁判が必要になり、裁判長によって判決が出ればその判決通りに話を進める必要があります。

法律事務所との相談で出てくるのが証拠があるかどうかでしょう。

裁判をするときに裁判長が判断するためのものがあればそれを元に判決される可能性が高くなります。

個人で探すこともできますが、探偵に浮気調査をしてもらうことで行えるケースがあります。

ではどんなものかですが、ただ写真や動画を見せればいいわけではありません。

写真や動画だけを見せられても、鮮明でなければわかりにくいときもあるでしょう。

ここで重要になるのが報告書の作成能力になります。

尾行などで得た情報をいかに裁判長にわかりやすく示せるかになります。

作成慣れしている人が作成すると、写真が不鮮明であっても有利な判決を導く要因になるときがあります。

 

裁判において不貞行為をしているとみなされるいろいろな条件があります。

ホテルなどに二人で入り一定時間過ごしていることがわかるものなどが必要になります。

1回分ではなく数回分の写真などが必要で、わかりやすい報告書形式が良いでしょう。

 

サイト内検索
浮気調査、探偵関連コラム