浮気調査におすすめの探偵事務所を比較ランキングして紹介!首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)

探偵はどこまで浮気調査することができるの?

配偶者やパートナーの浮気を疑った場合、探偵に浮気調査を依頼する事ができます。
調査を頼むといった経験は通常あまり無いもので、内容が掴みづらい部分もあるでしょう。
イメージとしてよくあるのが、備考をして調査を行ったり、証拠を写真に収めたりという調査活動です。
では、どこまでの範囲で浮気調査を行なう事ができるのでしょうか。
どんな調査を行なうかを確認する事で、自分が頼む場合の判断基準ともなるでしょう。

 

調査の基本となる尾行や張り込み

依頼者の希望により調査内容などが決められますが、その目的によって証拠を集める範囲も変わってきます。
まずは、その配偶者と離婚まで持っていかなくても良いと考えている場合です。
このケースの場合証拠写真などは一枚でも充分とされ、配偶者に反省させるなどの処理で完了しますので、少ない証拠でも完結します。

そして、確実に離婚の原因を作り、慰謝料の請求なども視野に入れている場合は、決定的な証拠が多く必要になります。
裁判にも有利になるように、配偶者が継続的に浮気を行っている事実を集めます。
複数回の証拠の確保が必要とされ、3回以上の事実確認が望ましいと言えます。

これらの証拠を集めるために、探偵は「尾行」や「張り込み」を行います。
証拠集めの基本かつ重要な部分を占める調査活動で、依頼者からの情報に基づいた内容から判断して尾行をします。
主にどの時間帯や曜日が怪しいのか、どの地域が証拠を掴めそうなのか、などを総合的に判断して調査します。
出張先などでの浮気が疑わしい場合にも、その場所での調査に対応します。
常に尾行や張り込みをする事により、多くの証拠が得られて写真などを撮影できるチャンスにも繋がります。

 

写真やビデオによって決定的証拠をつかむ

尾行などによって浮気の事実が確認された場合、その証拠を写真や動画などに収めます。
これによって、決定的で確実な証拠として成り立ちます。
その事務所によってはプロ仕様の機材を使用し、その人物の顔などがはっきりと分かる鮮明な画像を撮影します。
暗い時間帯には暗視カメラなどで撮影し、遠い場所には望遠カメラで対応します。
人物の顔が分からないと証拠として成り立たないので、確実に撮影する部分が重要視されます。

場合によっては徒歩や車を使い分けて、複数人で色々な角度から写真やビデオを撮影し、証拠として確固たる物とします。
撮影日時の入った写真などで、時系列の状況を確認する事も可能です。
写真や動画は裁判の際に、非常に有効な証拠となりますので、浮気の事実を証明するには1番の材料と言えます。

 

調査範囲はどこまで行われるのか

証拠集めの有効な材料ともなるのが「相手の素性情報」です。
これはその後の裁判時にも大事となり、細かく多くの情報がある事が良いと言えます。
尾行などによって浮気相手の名前や住所を割り出し、周辺への聞き込みなども行います。

張り込みを繰り返し、勤務先やよく出かける時間帯なども判別させます。
相手の素性を調べる事で調査が進みやすくなり、有益な情報を得られる事にも繋がってきます。

これらの証拠集めとして調査できる範囲としては、あくまでも法律の枠内での活動に限られます。
相手の戸籍情報を調べたり、盗聴器を仕掛けて情報を盗み聞きするなどの行為は行いません。
仮に法律を超えて調査をした場合は、営業取り消しなどの処分も科せられます。

 

浮気をしている事実として写真やビデオなどは非常に大きな効力を発揮します。
証拠の材料として、メールや電話の履歴、レシートなどは補助的な証拠としかならない場合が多いです。
離婚を確定的にする場合や慰謝料を請求する時には、より多くの決定的証拠がある方が有利です。
依頼する内容や事前の情報などで、調査の日数やスピードも変化します。
スムーズに調査を行える事が、多くの証拠集めにも繋がるでしょう。