浮気調査におすすめの探偵事務所を比較ランキングして紹介!首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)

探偵に浮気調査を依頼することと自分で浮気調査を行う成果の違いとは?

結婚相手の浮気の証拠をつかむときに、業者を利用する方法もあれば自分で行う方法もあります。

自分で行えば一切お金をかけずに行えますが、業者に依頼すると調査料がかなり高額になるときもあります。

自分で浮気調査を行うのか、探偵に調査を依頼するのか、一体どちらが良いのでしょうか。

裁判に勝てるような資料として成果を出してくれる

夫が浮気しているかもしれないと勘づくのは女性特有の野生の勘が働くときかもしれません。

動物も子孫繁栄のためメスはより強いオスを探そうとします。妻としてはせっかく獲得した強いオスである夫が不貞行為をしているとなると、将来の家庭に影響が出てくることがわかります。夫が妻の浮気を疑う場合も同様に、将来の不安があるでしょう。

家庭問題の解決方法の手段として、今のパートナーに見切りをつけて離婚を前提に話を進めるべく情報を集めるときがあります。

さて、肝心なパートナーの浮気の証拠集めですが、探偵に調査を依頼する場合自分自身で調査を行う場合があり、どこに違いがあるかを知っておくと良いでしょう。

パートナーに離婚を切り出したときに素直に応じてくれれば問題ありませんが、応じてくれないときは裁判になる可能性があり、裁判で勝つには証拠が必要でいくら弁護士がサポートしてくれても証拠がなければ難しいときもあります。

そのような場合、業者に依頼をすれば裁判で勝つための資料を成果として出してくれます

単に写真などを撮るだけでなく、裁判官が依頼人側に有利に判決したくなるような報告書を作成してくれます。

一方素人だと確実な証拠が見つかっても裁判官を動かせるまでの資料にできないかもしれません。

専門家の技術で確実に証拠をつかもうとしてくれる

パートナーが浮気をしているので離婚をしたいとき、必要な資料として浮気の現場がわかる写真などがあります。

さすがに行為そのものをしている写真は難しいでしょうが、特定の目的のホテルに何度も出入りしている写真があれば裁判でもかなり有利に話を進められるかもしれません。

既に浮気をしているところまで掴んでいるなら「写真ぐらい簡単に自分で撮れるのではないか」と感じるかもしれませんが、パートナーにはあなたの顔が知られているので、安易に尾行などをしてもすぐ気づかれるかもしれません

気づかれればさらに警戒されてホテルなどに行かなくなる可能性もあり、証拠をとるのがより難しくなってしまうでしょう。

一方、探偵は専門家としての技術を持っています。

尾行するにしても単に後ろを付けるだけでなく極力バレないようについて行き、仮にバレたとしても尾行する担当者などを変更して追跡を続行することもできます。

ホテルに入るときの決定的な写真は一般的な機材ではきれいに撮れないでしょうから、遠方や暗闇でもはっきり撮影できる特別な装置なども使って証拠をとります。

短期間で行ってくれるか時間がかかるか

婚姻生活は非常に重要ですが、信用できないパートナーと長く一緒に生活するのは苦痛に感じるかもしれません。

相手が浮気をしているらしく、何とか証拠をつかんで離婚を認めさせたいと思うかもしれませんが、ただスマホなどをチェックしようにもその隙がないため、なかなか話し合いまで持って行くことができません。

その間にもパートナーが浮気相手と逢瀬を楽しんでいるのかと想像すれば腹立たしい限りです。

更に時間がかかればかかるほど浮気相手にお金を使うようになり、家計が苦しくなることも考えられます。

探偵に浮気調査を依頼することと自分で行うことの違いとして、証拠が得られるまでの時間に差が生じる点が挙げられます。

携帯電話やパソコンに十分な証拠があるなど、やり方によっては自分で行えばすぐに見つかるときもあります。

ただし、それ以外の方法で証拠を探すのが難しくいつ見つけられるかわからない状態になることもあるので、業者であれば1か月から数か月の計画で証拠を見つけるようにしてくれます。

すぐに見つけてもらえるのでその後にすぐに離婚に向けての話し合いや裁判などをし易くなりますし、裁判が上手くいけばあなたは新しい生活に移りやすくなるでしょう。

 

 

サイト内検索
浮気調査、探偵関連コラム