浮気調査におすすめの探偵事務所を比較ランキングして紹介!首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)

浮気調査の成功条件って?

夫婦間で相手が浮気をしているとしたらショックかもしれません。

ただ証拠がなければそれを問いただすのも難しいでしょう。

業者に依頼をすると写真などの証拠が得られる可能性がありますが、料金の仕組みなどを調べる必要があるでしょう。

浮気があったときは絶対的証拠の獲得

夫婦であれば互いに貞操を守る義務があり、それを守らなければ夫婦間の信頼関係は一気に冷え込む可能性があります。

浮気を安易に認めているとその分お金が家庭に入れられなくなったり、浮気相手との間に子供ができてしまう可能性があります。

遊び気分だけではすまず、自分や子供に影響する可能性があるので何としても問題を解決する必要があります。

日頃のしぐさなどから浮気をしている可能性が高いときは、探偵に浮気調査の依頼をするとよいでしょう。

そのときには一定の支払いが必要になりますが、成功条件を満たしたときに費用を支払う仕組みである、成功報酬型の事務所が多くなっています。

何を成功とするかはそれぞれの業者で異なりますが、確実な浮気を見つけてもらうときには浮気に関わる全体的証拠の獲得になるでしょう。

将来的に離婚を視野に入れるときは裁判になる可能性があります。

裁判においては証拠があると有利に話が進めやすくなるので、裁判上浮気をしていると認められやすい証拠があります。

不貞の現場そのものの写真はもちろんですが、ホテルに出入りする様子の写真や動画などが得られたときも成功となるでしょう。

浮気がないときは一定期間の尾行記録

夫婦で同じ職場にいたり自営業などで一緒に仕事をしているなら二人の時間が多くなります。

しかし職場が違ったり一方が専業主婦だとどうしても一緒の時間が少なくなります。

互いのことを信用していても自分と一緒にいないときにどう過ごしているのか気になることがあるようです。

そこで特に相手の行動に不審なところはないものの探偵に浮気調査を依頼するときがあります。

このときに成功条件となるのはどんなときかですが、決定的写真などが撮れないときがあるので写真などにはなりません。

そもそも浮気をしていなければ浮気の現場がないので写真を撮りようもありません。

ただ尾行をして会社と自宅を往復する様子を見届けるだけになるでしょう。

結果としては浮気をしていなかったことを報告することになります。

とはいえそのための費用は掛かっていますし、浮気をしていない行動も把握しています。

このときは一定期間の尾行記録を提出することになるでしょう。

その間の何時にどこにいて、どの道を通って帰ってきたなどです。

帰宅が遅くなったときに職場に居る証拠などを示せばよいでしょう。

明らかな失敗がなく調査期間が終了

相手が浮気をしているのを理由に離婚をすることは可能です。

しかし協議離婚は互いの話し合いで行う必要があり、相手が浮気をしていないから離婚をしないといえば手続きをするのが難しくなります。

協議離婚ができなければ調停離婚や裁判による離婚を検討する必要があります。

浮気を理由に裁判での離婚をするとき、証拠があるかどうかが大きなポイントになります。

そこで探偵が行う浮気調査を利用して証拠の取得を試みます。

このときに注意したいのが成功報酬の支払い基準となる、成功条件になるでしょう。

契約をするときに最初に決めますが、軽く聞いていると後で納得いかないときにも何も言えなくなる可能性があります。

おかしいと感じたらその時点で確認し、別の業者に変更するなどが必要になります。

業者によっては失敗なく尾行などをすればそれが成功になるとするところもあります。

結局決定的証拠が得られないにも関わらず支払いをしなくてはいけません。

失敗をしていないとしても、尾行記録などをきちんと出してもらう必要があるでしょう。

又写真などがなければ成功にならないなどの確認をしておきましょう。

まとめ

業者を利用して浮気の調査をしてもらうとき、成功報酬の支払いに関する話が出てきます。

何を成功とみなして支払いが発生するかです。

確実な写真が撮れたときに成功とするときや、尾行記録などの提出を持って成功とするときもあります。

サイト内検索
浮気調査、探偵関連コラム