浮気調査におすすめの探偵事務所を比較ランキングして紹介!首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)

探偵に浮気調査をしてもらっている期間の注意点とは?

パートナーの浮気を疑った時には、別れるか別れないかを考えるのは当然のことですが、どちらの場合でも証拠を掴みたいと考えるのではないでしょうか。

しかし、素人が自ら証拠をつかむことはそう簡単なことではなく、浮気を疑った場合には、浮気調査はプロに任せるべきと言えます。

その際には、探偵に依頼するという選択肢があります。

一口に探偵と言っても数多くの事務所が存在しており、料金の違いはもちろんのこと得意としている分野や実績、そして結果がわかるまでの期間やサポート体制にも違いがあるので、よく考え信頼できる事務所に依頼することが必須となります。

しかしどんなに優秀な事務所に依頼しても、依頼者側のミスにより失敗に終わってしまうということもあるので気をつけなくてはなりません。

調査中には、いくつか注意しておかなくてはならないことがあります。

普段通りの態度でいることが大切

調査をしてもらっている時には、当然ながらパートナーのことを疑っている状況であり、事務所に依頼したことが態度に現れてしまうということもあります。

しかし対象者に対して怪しい動きをしてしまうと、対象者が疑われていることを感じ取ってしまい証拠の隠滅をされてしまうなどといった事態にもなりかねません。

普段通りの態度でいるということはかなり重要になってくることは確かです。

浮気の現場を抑えたという報告を受けた後でも、全ての証拠が揃うまでは普段通りに振る舞うようにしておきましょう。

なんらかのきっかけから調査中ということが対象者にバレてしまうと、その後の調査の難易度はかなり高まることになります。

感情で左右されないようにし、態度には表さないように十不満気をつけておきましょう。

探偵との連絡のやり取りに注意する

依頼することによって、現在どのような調査状況なのかということの連絡を受けることになります。

良心的であり信頼できる事務所であればあるほど、こまめに報告をしてくれますが、そのやり取りには気をつけなくてはなりません。

メールを対象者にみられてしまったり、同じ家の中にいる状況の際に事務所から報告の電話がかかってきてしまい、出ることができないとなれば、対象者に不審がられてしまう原因になってしまいます。

連絡を取るタイミングに対しては、しっかりと話し合っておくようにしましょう。

もちろん、事務所との契約書を安易な場所に放置して置いたり、電話番号の書かれた紙をわかりやすい場所に置いておくというのもご法度ということは間違いありません。

費用を支払う口座にも気をつけておく

事務所に依頼して調査をしてもらう依頼ということは、ある程度まとまったお金が必要になってきます。

しかし、この時についうっかりと調査対象者と共有の口座から、多額の現金を引き出してしまうと、そのお金は一体何に使ったのかと疑問がられてしまい、問い詰められる可能性がでてきます。

事務所への依頼を白状せざる得ない状態になってしまわなかったとしても、不信感を抱かせてしまうことにはなります。

そうなれば調査にも悪影響を及ぼしてしまうことになり、調査機関が伸びてしまったり、最悪の場合調査が失敗に終わるということにもなりかねないので、支払う際の現金の出所には気をつけましょう。

事務所に依頼すれば、必ず証拠を掴んでもらうことができると考えてしまいがちですが、どんなに優秀な事務所に依頼をしても、調査をしてもらっている期間に依頼者側がミスをすれば証拠を掴んでもらうことができなかったり、対象者から不審がられてしまうことにも繋がりかねません。

以来中には、日頃と同様の態度を取り、事務所との連絡の方法にも注意しておくようにしましょう。

悩んだ際には事務所にどのように振る舞えば良いのかを、しっかりと確認しておくようにしましょう。