浮気調査におすすめの探偵事務所を比較ランキングして紹介!首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)

浮気調査を自分でやる際の注意点って?


相手が浮気をするとショックですが、許せないのであれば何らかの行動に出る必要があります。

プロに依頼する方法の他に、自力で行動するときもあります。

ただやみくもに動けばいいわけではないので、何が必要かを知って行動しましょう

ばれないようにしないと意味がない

夫婦はそれぞれ信頼し合って生活をします。自営業などで1日中二人でいるならともかく、どちらかが会社勤めとか夫婦共働きで職場が異なるとなると、自分といるとき以外に相手が何をしているかはわかりません。全ての人が浮気をするわけではないですが、夫や妻がしているかもしれません。もし浮気の兆候を感じたのであれば、自分で浮気調査をしてみると良いでしょう。

ここでの注意点として、ばれないようにしなければいけません。なぜかといえば、ばれたら調査ができなくなるからです。スマホなどに情報が残っている可能性がありますが、ばれなければそのまま情報を保管しているでしょう。しかし調査をし出すと、どうしても行動が怪しくなります。何か調べていると勘づかれればせっかく残されていた情報を消されてしまうかもしれません。その他浮気相手と定期的に会っていたとしても、ばれてしまったら会う機会を減らしたりより慎重に行動されてしまいます。ばれた後の調査は何もかもが無駄になってしまいます。ですから、不審にならないように調査をしなければいけません

それぞれの証拠の力を知っておく

相手が浮気をしたとき、それが許せるなら問題ありません。許せないときはいろいろな行動に出るでしょう。離婚まで考えているなら、徹底的に証拠を見つけて裁判をしてでも有利にできるようにするでしょう。離婚までいかないとしても、今後は浮気をしないようきちんと証拠を見つけておきたいです。

自分で浮気調査を行うときの注意点として、それぞれの証拠にどんな力があるのかを知っておく必要があるでしょう。裁判などで有力な証拠となるのは、不貞行為の現場が分かる写真などです。もちろんその場の写真などは無理でしょうが、ホテルなどに2人で入る様子が撮影できれば裁判では十分な証拠になります。ただプロでもかなり大変なので、素人が撮影するのは難しいかもしれません。比較的簡単に取れる証拠に携帯電話やスマホなどがあります。一応証拠にはなりますが、裁判の時にこの証拠しかないと写真に比べると力が弱くなります。証拠の力の強さを知って行動しないといけません。

せっかく集めた情報は取られないようにする

相手が浮気をしたとき、将来的には慰謝料をたっぷりもらって離婚をしたいと考えるかもしれません。最も簡単なのは相手に追求をし、相手がそれに応じて慰謝料も払ってくれることでしょう。しかし実際はそれほどすんなりいきません。話し合いには応じてくれないので裁判などになる可能性があります。裁判で離婚を認めてもらうには証拠が必要で、さらに慰謝料をたっぷりもらいたいときにもそれに関する証拠が必要になります。

自分で浮気調査をするときの注意点では、せっかく集めた情報を取られないようにしないといけません。調査をした日にすぐに有力な情報が得られることは少ないです。プロでも数週間から数ケ月尾行などをして情報を集めます。集めた情報をパソコンなどに保管していると、それを見つけられて消されてしまうかもしれません。そしてそれ以降情報を出さないような行動をされてしまいます。パソコンへの保存の他に、メモリーカード等別媒体での保管も考えておきましょう。スマホなどで得た情報はそのまま画面を撮影して、大事に保管しておきましょう。

うまく尾行しているつもりでも、いつの間にか気づかれているかもしれません。ばれたらそれ以降浮気行動されなくなるので情報が取れなくなります。どんな証拠が裁判などで有利になるかを知って、有利な情報を集めるようにしましょう。