浮気調査におすすめの探偵事務所を比較ランキングして紹介!首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)

浮気調査の成功報酬とは?

浮気調査を業者に依頼すると非常にお金がかかります。

それを覚悟してサービスの利用をしなければいけません。

それぞれの料金にはかかる根拠があるので、なぜその料金が必要になるかを最初に聞いておきましょう。

着手料などの固定料金との違いを知る

浮気調査を探偵に依頼したときにはそれぞれの業者によって料金が決められています。

よくあるのは二本立てになっているところで、固定料金変動料金になっています。

固定料金は着手料金などでこちらは必ずかかるので目的が達成しなくても払う必要があります。変動料金は成功報酬と言われ、目的が達成されたときにその達成度合いによって変動するお金になります。

業者によって全額固定料金になっているところ、固定料金と変動料金の二本立てのところ、すべてが変動料金になっているところがあります。

何らかの証拠が得られるなら固定料金のみのところが良いのかもしれませんが、すべてが固定料金になっている会社は実はあまりありません。

業者によって成功に関する概念が異なる

パートナーが浮気をしていそうなとき、自分で証拠を見つけようとしてもなかなか見つけられないでしょう。スマホや携帯、パソコンなどを見るとわかるかもしれませんが、浮気をしているときはそれらを肌身離さず持つようになります。

どうしても尻尾を捕まえたいのであれば、浮気に関する調査を得意にしている探偵に依頼することで証拠を掴める可能性が俄然高くなります。

その際に気になるのが成功報酬かも知れません。

料金体系の一つで、証拠が取れたら支払うが証拠が取れなければ支払わないとしている部分になります。業者によっては料金のすべてがこの部分になっているところもあるので、業者選択の時に料金体系を確認しておくと良いでしょう。

気になるのは何が成功に該当するのかでしょう。この部分は特に法律などで決められているわけではなく各社の裁量になります。

証拠が取れないときは成功としないとするところもあれば、証拠をとれなくても一定の活動をしたので成功したとみなすとするところもありますので、利用時にしっかり確認しておきましょう。

依頼料金がゼロになることがあるのか

浮気調査を探偵に依頼しようとするときにはインターネットで事務所を調べるかもしれません。

全国展開している大規模なところもあれば、個人で営業しているようなところもあります。全国に事務所があるところならどこからでも調査してもらえるので証拠も見つかりやすくなりそうです。

ホームページを見ていると料金体系が書かれていて、その中には証拠が取れなければ支払う料金がゼロになるとしているところがあります。

これはかかる費用のすべてが成功報酬であることを意味します。

浮気の調査をしてもらうときは裁判で勝てる証拠写真などが必要になりますが、依頼期間中に撮れれば一定の報酬を支払う必要が出て取れなければ報酬は払わなくても良いとされています。

実際にゼロになるかどうかですが、証拠が取れなければゼロになるのでしょうが、調査報告書が完成するまで何とも言えないかもしれません。

裁判に勝てる写真としては数日分が必要ですが、1日分で成功になるかどうかです。

1日分でも撮れたからとその分を請求されるときもありますし、2日分以上なければゼロになるところもあります。