浮気調査におすすめの探偵事務所を比較ランキングして紹介!首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)

探偵が浮気調査をしているのがバレてしまった場合


尾行であったり張り込みは訓練を受けたプロが行います

ベテランから新人まで、一定の能力のある人が担当します。

しかし100パーセント常に成功するわけではなくミスも発生します

ミスが発生するのも想定して業者選びをしないといけません。

成功報酬型の料金体系だとお金がかからない

浮気調査をしてもらうとき、浮気をしているかどうかわからないときもあれば、ほぼ浮気をしているのは確実な時もあるでしょう。わからないときはまずしているかどうかを調べてもらい、さらに証拠を取るかどうかになります。一方確実な時は証拠を取ってもらうための行動をしてもらいます。探偵事務所に依頼をすれば、それ以降尾行などによって調査をしてもらいますが、もしバレることがあったらどうなるかです。

プロが行うので尾行などは確実に行ってもらえるでしょうが、100パーセントはありません。少なからずばれてしまうこともあるようです。ばれてしまってそれ以降調査が行えない状態なればそこで調査は終了になります。成功報酬型の料金体系であれば、成果が出ていませんからもちろんお金はかからないことになるのでしょう。ただし依頼主からはなぜ得られなかったのかどうかが分からないときもあります。日々の報告をきちんとしていてくれるところであれば、尾行時にトラブルが発生したなどでバレたのが分かるときもあります。

業者は想定をした料金の仕組みにしている

浮気調査のために探偵事務所を選ぶとき、絶対バレないと広告にあるところを選ぼうとするなら、それはやめた方がいいかもしれません。もちろんばれないに越したことはないですが、尾行や張り込み等は色々なケースがあります。尾行をする相手が非常に慎重な相手かもしれませんし。たまたまいつもとは異なる行動を取ることがあります。その時にバレることは少なからずあります。業者は最初に依頼をするときに料金のことを話してくれますが、バレて調査ができなくなったときの仕組みを話してくれるところは誠実と言えるでしょう。

できるだけばれないようにはするけれども、万が一の時はこんな料金設定になりますと教えてくれます。バレた時までにかかった調査にかかる実費が必要になるときもありますし、初期の依頼料の実が必要な時、全額支払いの必要が亡くなるときなど様々です。その内容に納得をして依頼をしなければいけません。大手などであれば調査員が多くいるでしょうから、それ以降も引き続き行ってもらえるところもあります。利用し続けるかは依頼者自身の判断になります。

他の業者に依頼して成功できるかどうか

浮気調査は、こっそりばれないように行わなければ意味がないでしょう。妻から夫に言われた位であればそのまま続ける人もいるでしょうが、妻が探偵事務所に依頼をして、尾行されるのに気づいたときにそのまま同じ行動をする人は少ないはずです。それ以降慎重に行動をしたり、頻度を減らしたりする可能性があります。バレるとそれ以降の調査が非常にやりにくくなります。バレた時、依頼した業者の方からその連絡を受ければそのまま調査を続けるかどうかの判断をします。

業者を変えれば証拠が得られるのかどうかですが、バレ方にもよるのでしょう。何となく怪しまれているぐらいであればそのまま続ければ証拠が得られる可能性がありますが、鉢合わせをして身分を知られたりしていればかなり警戒されます。他の業者に依頼をしてもいい結果が得られるとは限りません。バレた業者が誠実な業者であれば、細かい報告をしてくれるでしょうからその後の依頼方法なども考えることができます。バレたのを隠されるようなところだと、気づかないときもあります。

絶対バレないとする業者はあまり信用できず、見積の時などに万が一バレた時にどうなるかなどを示してくれるところの方が安心できるでしょう。バレ方によってそれ以降の方針は異なり、明確にバレていないなら調査を続けてもらうときもあります